FC2ブログ

新着コメント

毎月お疲れ様です(^^)
来月は美女3人で清掃活動したいと思います。
こりゃ、おしゃべりして昼過ぎにしか帰ってこないと思いますが・・・。
2011/02/25 15:30 | edit
posted by

グリーンジャンボでも買ってみようかと思います笑
2011/02/15 16:19 | edit
posted by イエロー

すごーーーーーーーーいですね!!!

何かいいことありましたか!?
2011/02/14 11:22 | edit
posted by グリーン

No title

清掃活動お疲れ様でした(^O^)/
2010/11/09 12:41 | edit
posted by グリーン

No title

今度行く機会があれば絶対買います(*^0^*)
2010/11/09 12:39 | edit
posted by グリーン

No title

ありがとうございました

美味しかったです
2010/10/12 10:19 | edit
posted by グリーン

No title

試食ありがとうございました
レーズン入りがとてもおいしかったです
また、宜しくお願いします
2010/10/07 08:15 | edit
posted by イエロー

新着トラックバック

NEW!

6月も半ば、梅雨です・・・

久々の更新です。会社の近くの田んぼでは、多良保育園の実習田で田植えがあったようです。子供たちが頑張って植えた様子が、手に取るようでとっても微笑ましいです。
編集_NEC_0093編集_NEC_0094
苗の大運動会です。近所の方でしょうか、田を見回りに来ていた方が、”よう植わっとる”って笑顔でした。
編集_編集_NEC_0096
畦には小さな足跡がくっきり残ってます。

category : 未分類  comment : 0  track back : 0

大町 たろめん

20年ぶりに復活した「たろめん」を食べてきました。
編集_F1000013
ショウガが効いておいしかったです!byワシ
category : グルメ  comment : 0  track back : 0

今の人も、昔の人も・・・

鹿島市浜宿・庄金地区の“重要伝統的建造物保存群”に認定されている、
「橋本家」という旧家の復元工事を施工させていただくことになりました。
明治初期に建造された、築140年の旧・和菓子屋さんだそうです。


編集_1.着工前外観

数十年間は空き家状態で、内部に残された家財道具は一式処分するよう
指示されておりましたが、一応、なにか貴重な物品が残ってないか
調査してみたら、木箱を埋めつくしたふる~い書籍がでてきました。

編集_2.本

なんだろうと思い、見てみると、明治中期の教科書でした。
本の状態はかなり良く今でも普通に読めるくらいでした。

編集_3.本明治18年

これは、数学の教科書らしいのですが、残念ながら私には解読不可能!

編集_4.数学

これは、社会の教科書みたいで、廃藩置県の後だと思うのですが、
日本地図にはなぜか、肥前、肥後、薩摩とか「藩」で記載されています。

編集_5.地理



しかし、これらの中に紛れて、こんな“色っぽい”書物もでてきました・・・。
(注)所有者には確認をとり、ここでアップしてます!

編集_6.あやしげ
内容については、ここでは公表できませんが、昔の色っぽ~い小説みたいなやつです。
※古文調なので詳細にはわかりませんが現代に通じるものもあり、
 大体のニュアンスはわかります

いやいや、この類の嗜好は、今の人も昔の人も同じみたいです・・・



今後、旧・橋本家の工事の進捗状況については、随時ここでアップして
いきたいと思っております!

どのように、復元されていくのか、乞うご期待!!

category : 未分類  comment : 0  track back : 0

え!!サクラ!?

今日、鹿島の北公園の前を通りすがった時に珍百景と遭遇しました。
明日から12月になるこの時期に、なんと桜(ソメイヨシノ)の花が咲いていました。

後方に見える紅葉しているイチョウとのミスマッチに違和感を覚えました。
連日の小春日和で桜の木が春と勘違いしているみたいです。

念のため、冬に咲く種類の桜ではないかと思い、管理者に問い合わせたところ、間違いなく、ソメイヨシノであることを確認しました。
単なる物珍しさではなく、忍び寄る地球温暖化に対して不安な気持ちを覚えました・・・。

この桜達が来春、例年通りに咲き綻び、
私達の心に春の到来を告げてくれるのか心配です・・・。

編集_IMG_1311

編集_IMG_1314









category : 未分類  comment : 0  track back : 0

東北被災地のボランティアにいってきました

藤津建設業協会の若い衆と、東北の被災地ボランティア&視察に行ってきました。
ボランティアの活動地は、宮城県気仙沼市の大島という小さな島です。

大島

ガレキの片付けは雇用の場を失くした地元の方々が公共事業の一環で
やられているということでした。

ガレキ1

編集_ガレキ2

町の中心産業である観光事業ができなくなり、町興し的な復興事業が急務ということで、
「椿祭り」という、新しいイベントを計画されており、その準備作業のお手伝いをさせていただきました。
自生している天然の椿が群生している山の、雑草や雑木の伐採作業をやってきました。


編集_作業1

編集_作業2

椿完了


その他の地区は、気仙沼から仙台までの宮城県の被災地を海岸線沿いに南下して
視察してきました。
被災地の現状を目の当たりにして「8ヶ月も経ってこれか・・・」というのが正直な感想でした。
特に被害が甚大であった南三陸町では、車中で半ば観光気分も入り混じっていた
メンバー達も、息を呑み、それ以降は無口になり考え込んでいました。

編集_視察1

編集_視察2

編集_視察3

編集_視察4

建設業者である我々にとって、災害復旧支援は使命であると認識しております。
被災地にはまだまだ不足していることがたくさんあり、全国からの建設技術者・作業員・重機
を必要としております。
我々の目をもっと、被災地の方に向けて、建設業者として本当にやるべきことを実行しなくては
いけないと感じました。

時は過ぎゆくも、現地の時計は止まっております・・・。

ガンバろう!東北!



category : 未分類  comment : 0  track back : 0